ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アメリカのGODZILLA

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ということで、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」ですが、この作品のゴジラは、日本のゴジラではなく、アメリカのGODZILLAでした。

 

そう感じたのは以下の2点。

造形に違和感

ゴジラの造形そのものに違和感がある。日本のゴジラ映画とアメリカのGODZILLAの造形は違います。かつてのアメリカ映画のGODZILLAよりは日本のゴジラに寄せているという感じはなくもないですし、音楽、エンドロールなどあちこちにこれまでのゴジラ作品へのリスペクトのようなものは感じられましたが、
どうも今回の作品のゴジラは、なにか「熊」っぽく見えてしまいました。日本の作品のゴジラだと、これはハリウッドでは鈍重に見えてしまうのかもしれません。

ストーリーに違和感

映像に迫力はあり、とりわけキングギドラの造形と動きには違和感もなく、ここはよいのですが、どうも全体としてのストーリーにグダグダ感があり、共感できません。ゴジラVSキングギドラをベースにするのはいいのですが、モスラ、ラドンなどそれ以外の怪獣キャラの位置づけもよくわかりません。

ということで、個人的には全体としては「イマイチ」感が拭えず・・・。次回の国内版ゴジラの期待しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です