目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

図書館本。

いや、これはなかなか面白かったです。幸か不幸か、私は、社会科の教員だったこともあるというのに^^;、「まとも」に経済学を学んだことがありません。だからこそというか、著者の平易な文章のおかげでというか、本書の主張は「そりゃそうね」「そりゃそうね」「え、そうなの」「そりゃそうね」というように素直に頭に入ってくる感じがしました(でも、多分、ちゃんと理解できていない^^;)。

本書の主張はMMT(現代貨幣理論)の考え方に即したものです。本書を読むと、なにか「常識」からかけ離れているように感じるところもありますが、考え方としては理にかなっている部分が多いように感じました。

ちょうど昨日行ったセミナーで、支店にあったこの資料をもらったのですが、

その中に、こんな内容がありました。

こちらは書籍ほどわかりやすくもなかったですが、関連する中味だと思います。

 

しかし、「経済学」というのは、なんか理系のエビデンスをもとにした学問とは異なり、なんか変といえば変ですね。

書籍の方が続編が発売になったようなので、また図書館にリクエストしておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です