日興 ここからのステージ見通しと信用残高

日興 ここからのステージ見通しと信用残高

さて、今日は寄りでトヨタを、引成で三菱UFJを日興信用でクロスして、信用残高をつくっておきました。
但し、金額は1,840万程度と、大和の方に資金をふっているため、ポジジョンとしては小さいです。

今月分

今月については、以下のポジジョンで、ステージはプラチナでした。

4月末時点 75,783,000円
5月末時点 47,130,400円
6月末時点 46,200,000円
169,113,400円 /3=5,637万

来月分

来月は額が大きい4月分がはずれ、今月の1,840万程度が加わります。

5月末時点 47,130,400円
6月末時点 46,200,000円
7月末時点 18,410,000円
月平均は3,352万 8月

ステージはゴールドです。

但し、8月は新規上場銘柄が少なく、実質的にはステージの意味はありません。

9月分

5月の残高が抜けて8月分が加算されます。
例年、9月はIPO銘柄が多い傾向があり、ステージを上位に保つ意味は、まだわかりませんが、大きくなる可能性があります。

6月末時点 46,200,000円
7月末時点 18,410,000円
6,460万程度。

ここで、ゴールドステージを維持するためには2,500万強のポジジョンが必要ということになります。

今月末、大和の主口座にふっていた資金2,000万は、明日以降は引き出し可能です。

優待クロスについては、東宝、松竹、ビックカメラあたりで資金ポジジョンが必要となるでしょうか。
このあたりを勘案して、8月は9月にゴールドステージを維持できるようにポジジョンをつくるように考えましょう。

なお、8月はどこかで楽天の大口適用を達成しておかないといけません。

以後

9月末は優待クロスが多いため、資金をふるのが難しく、7月、8月の信用残高の金額が小さめのこともあって、ゴールドの維持は難しく、10月のステージは一度シルバーになる可能性が高いです。

が、10月、11月は優待閑散期になるので、月末に資金を集中し、IPOが増加する12月にはできればプラチナ復帰、少なくともゴールドのステージで迎えたいところです。

今年の日興の優遇ステージについてはざっとこんなイメージということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です