8876リログループ2020年3月期 第1四半期決算

8876リログループ2020年3月期 第1四半期決算

2020年3月期 第1四半期 連結業績概要
売上高          658億73百万円(前年同期比 9.3%増)
営業利益         35億23百万円(前年同期比 11.0%減)
税金等調整前
四半期純利益       40億2百万円(前年同期比 1.8%減)
親会社株主に帰属する
当期純利益        24億14百万円(前年同期比 10.2%減)

ということで、細かく見ていませんが、ストックの部分は順調で、
減益は海外のBGRSを新たに子会社化したことによる株式取得に伴う一時費用の発生等で前年四半期ではやや減益となっています。

これはBGRS社のサイトをGoogleで翻訳したもの。よくわからん^^;。

関連記事。
【リログループ】第三次オリンピック作戦始動 カギ握るM&A

「2016年12月期は当期損益が548万ドル(約6億280万円)の赤字だったが、2018年12月期は売上高1億6948万ドル(約186億4280万円)、営業利益1034万ドル(約11億3740万円、当期純利益148万ドル(約1億6280万円)と回復基調にある。 」

当面はこのBGRS社の動向が一つのポイント?。

まあ、2,000株キープで、100株で細かく売買する方針は継続です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です