博士の愛した数式

博士の愛した数式

図書館DVD。これは未見でしたので借りてきました。

80分しか記憶がもたない数学者とその家にやってきた家政婦、そしてその息子との物語。

全編を通して暖かい、優しい雰囲気があり、成人して数学の教師として教壇に立った「息子」が
博士との思い出を語る形で物語が進みます。

深津絵里さんは好きな女優さん。去年は「贋作・桜の森の満開の下」の舞台も見ました。
本作も「らしい」役柄でよかったです。

寺尾聰の数学者もよいですね。生真面目で独特なキャラクターに存在感があります。

「らしい」と言えば吉岡秀隆。なんか優しい役柄しかしていない印象があります。
まあ、キャスティング的にそれが望まれているということかもしれませんが、一回、厳しい悪役でもやってみてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です