奇跡の経済教室【戦略編】

図書館本。多分、これはリクエストしたら買ってくれた本だと思います。

【基礎知識編】からの続編ですが、やはり面白いし、わかりやすいです。

つまりはMMT、現代貨幣理論についての内容ですが、その主張の基本は、本書によれば「自国通貨を発行する政府はデフォルトに陥ることはありえないから高インフレにならない限り、財政赤字を拡大しても問題ない」とする理論です。一見「えっ?」と思うものの、本書を読むと、素直にそれはそうかなと思わされ、かつ、相応に筋が通っていると思わされます。

この考え方は、特に日本の場合は、今後、影響力を大きく強めてくる可能性があると思います。

別に株で儲かるとかいうような本ではないですが、前著と合わせて機会があれば読まれてみるといいかと思います。なかなか刺激的ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です