日興ゴールドステージを維持するためには

日興ゴールドステージを維持するためには

信用建玉
6月末時点 46,200,000円
7月末時点 18,410,000円
6,460万程度。

ここで、来月にゴールドステージを維持するためには8月末で2,500万強のポジジョンが必要となります。

9月のIPO銘柄発表は4447ピー・ビーシステムズで、これはマイナーな福岡上場銘柄。
それ以外の発表は今のところはありません。

昨年9月のIPO銘柄は2桁ありました。今年もここから発表がある可能性は高いでしょう。

8月末は、とりあえず、この2,500万程度のポジジョンをつくり、ゴールドを維持しておきましょう。
20日権利確定の西松屋や平和堂のクロス資金は戻ってきますので、これはなんとかなるかなと思います。

この8月の2,500万に7月分をプラスすると4.300万ほどです。

となると、10月にゴールドを維持するためには4,700万程度のポジジョンが必要。

このためには、9月優待のクロスを日興で多めに取り、金利負担を承知で月末までポジジョンを維持する形を取るというのが現実的か。

どうかな、これは・・・。各社での9月の優待クロス取得を優先すると、現実には難しいかもしれません。

9月にはソフトバンクの社債1つ100万が償還になる予定で、このポジジョンは活用できます。が、さほど大きな支援にはなりません。

さらに先を見ると、10月は優待が少ないため、ここで日興の信用残高を大きく取っておくという方法はあるかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です