来週の方針(1) ポートフォリオ概況 落穂拾い9月優待クロス

来週の方針(1) 落穂拾い9月優待クロス

ポートフォリオ概況

さてと、今週末ですが、日本株のPFはリロが戻して、エスプールが上場来高値。これらが貢献して年初来高値を更新。REITもまた強く、全体でも年初来高値となりました。これらで金額の概算値としては785万になっています。


ここに配当+分配金、株主優待などのインカムゲインや海外株関係などのプラスもありますので、ここまでは不動産収入を除いた全体では+1,000万程度でしょうか。ここに200万弱の不動産賃貸+太陽光発電の収入が加わる形です。

まあ、ここまでは極めて堅調な展開ですが、毎年こうはならないですし、当然、今年のここから先もどうなるかわかったものではありません。

個別銘柄事例

個別銘柄関係だとリログループについては高値3,200円台からの下落でしたが、内容としては海外企業のM&Aがらみの事例があった程度でそれもいきなり何か悪い情報があったわけでもなく本業は堅いのに、どうも動きがしょぼかったですが、ようやく見直し機運でしょうか。

エスプールは分割発表で直後は上昇も、材料出尽くしだかなんだかちょっと調整していましたが、週末には大きく上昇しました。ここは分割後は100株の細かい売り上がり・買い下がり体制に移行予定です。

ソフトバンクも今週に上場来高値でした。ここからは配当を取るか、その前から売り上がるか、思案するところです。

まあ、これらに限らず、株価はなんだかよくわからない、ランダムウォーク的な動きになるのはよくあることですが、あまり目先に動きに惑わされて、一喜一憂するなといってもそれなりには一喜一憂はしてしまいますがその気分の揺れの程度を小さくし、それでバタバタとつられて自分のイメージとは違う売買になったりすることがないように留意したいところです。

9月優待 最終の落ち穂拾い

9月優待は最終週。
もうほぼ取れそうなところは取っているので、あとは細かい落ち穂拾い状態に。

7230日信工業のハム、9402日伝のうどん、4902コニカミノルタ7552リコーのカレンダーあたりか。

最終的には銘柄数70、名義数95程度になりそうです。

3月は、クロス75銘柄95名義 現物17銘柄26名義 合計92銘柄122名義でしたので、ここには遠く及ばないですが、9月としては昨年水準を大幅に上回り過去最高の取得となっています。銘柄数で1.5倍、名義数で1.3倍というところでしょうか。これはお試し的に細かい銘柄も取得してみたりしているのも影響しています。

で、週末が権利落ちとなりますので、日興と関係がない分についてはここで確実に現渡、反対売買等の対応をしておかないといけません。数が多いので確実にチェックして対応することが求められます。

その後、月替りで、日興の月末信用ポジジョンを確保しつつすべて決済ということになります。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です