「マツダの決算 減収減益の中で好内容」方向性は明確

マツダの決算 減収減益の中で好内容

上記の記事でマツダの決算内容についてふれています。これを「好内容」といっていいかどうかは評価が分かれるところだと思いますが、

ただ、マツダとしては「いいクルマ」を出し続け、この記事の中で述べられている「ブランド価値販売」戦略をすすめていくしかありません。

技術的には、内燃機関のつきつめを中心としたスカイアクティブテクノロジーをすすめていくしかありません。

私自身はユーザーであり、ファンでもありますので目が曇るところがありますか、どこへ行くかわからない、とりあえず縮小均衡しか思いつかない日産よりは相対的によほどよいように思えます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

青紅葉・東福寺へ(4)

次の記事

青紅葉・東福寺へ(5)