IPO雪国まいたけ 雑感

今日はPFの方では3804システム ディの上昇が目立ちました。先日の決算後の下落はなんだったのという感じですが、こういったよくわからん株価の動きは別に珍しいことでもありません。

IPO雪国まいたけですが、結局、公開価格割れの初値、終値は初値割れというしょぼい状況での初日となりました。逆に言うと、この規模で前評判の厳しさからすれば、この程度でよかったとの評価も可能かと思います。現在の業績や方向性は見るべきものもあると思いますが、その評価でどんどん買われるようなことはなかったということになります。ここからは、業績が予想以上にさらに伸びるかどうかというところがポイントなのかと思います。私自身はPF銘柄として買うことはまずないでしょう。

個人的には

・ブックビルディング回避、当選分購入回避の判断は目先的には適切だった。

・初値買いスキャルピングは、初値から+1-2%であれば、結果的にはこうした銘柄でも有効だった。

・実践的ケーススタディとして売買注文をそのままにしてもよかったが、初値から引受価格を超えてズルズル下落する展開もありえたと思うので、注文取り消しの判断も別に悪くはない。

というあたりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です