9月末日興信用残高 10-12月のステージ見通し

日興の信用残高

8月末1,600万程度
7月末7,000万程度

でしたが、9月末は2,500万強程度でした。最終、資金をかき集めて入れたら、前月よりも多くなっていました。

ただ、どうも、全般に各社に散らばったり集まったりしている資金を、最適化された形で効率的に動かすことができていません。優待取りのポジジョンにしても、もっとうまく回せば、銘柄、名義、株数など、追加できたところはあったと思います。信用の余力の確認、管理を怠っているのが主因かな・・・・。

3ヶ月で11,100万程度のポジジョンとなり、月平均が3,700万程度になっていますので、10月のステージもゴールドとなります。

月末の信用建玉残高
1,000万以上 シルバー
3,000万以上 ゴールド
5,000万以上 プラチナ

というのが基準です。

ここから先ですが、11月は、8月+9月の1,600万+2,500万+10月分ということになりますから、

ゴールドまでは9,000万-(1,600万+2,500万)で4,900万。
プラチナまでは15,000万-(1,600万+2,500万)で10,900万。

優待閑散月の10月、11月は資金集中がしやすいですから、4,900万は十分の可能かと思います。
ただ、10,900万での11月プラチナは困難。

仮に10月のポジジョンを7,500万とすると、
2,500万+7,500万+11月で、11月に5,000万以上のポジジョンを設定できれば12月はプラチナ復帰となります。

ということで、
10月→ゴールド
11月→ゴールド
12月→プラチナ

が現実的に可能なステージ。IPO繁忙期の12月にプラチナステージで有力銘柄のゲットを狙うというのが基本戦略です。

まあ、信用残高をつくるのも金利負担が生じているので、それをまかなう程度のことは期待したいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です