PFは今年最大の下落 2月優待関係は決済注文をほぼ完了

今日は主力の6861キーエンスの下落率が大きく、他の銘柄もほとんどが下げて日本株の方は90万近いマイナスでした。あらーん・・・。これは今年では最大の下落です。

一方、REITは+15万ほどで、全体での下げを緩和しています。まあ、分散投資効果といえばそうです。

2月優待クロスの方はとりあえず決済注文を完了。明日、信用売からの現渡での決済が必要な銘柄、また、売買代金の限度額の関係で、手数料負担を減らすために1日決済を遅らせる銘柄もあります。

再度ミスがないか注文を確認しておきましょう。

IPOの方は100株残したアクシージアも下落していますが、WACULは売値よりも1,000円ぐらい下げています。まあ、過熱感のある初値の場合はこういうこともありがちです。うまくタイミングをとらえた売買を継続することは難しいので、やはりWACULはもう終了ですね。

これから大和証券のIRセミナーの配信を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です