IPO7345アイ・パートナーズ 7373アイドマ 7791ドリームベッド 初値予想とセカンダリー

IPO7345アイ・パートナーズ 7373アイドマ 7791ドリームベッド 初値予想とセカンダリー

7345アイ・パートナーズ

公開価格3,120円

初値予想 F社7,200円
K新聞 1万円

7373アイドマ

公開価格1,930円

初値予想 F社  2,800円
K新聞 3,500円

7791ドリームベッド

公開価格1,460円

初値予想 F社  1,460円
K新聞 1,500円

コメント

というような予想になっています。今日、既に公開価格割れの銘柄が出ました。ここからも玉石混交で厳しい銘柄は公開価格割れもありそうです。

明日ですが、アイ・パートナーズは品薄・新規系のぶっとんでくる銘柄なので明日は寄らないでしょう。
投資対象云々ではなく、IFAのサービスには興味があります。FPさんの一般的なお話とかではなく、地元で日本企業の個別銘柄に詳しく、かつ、海外市場への投資についても知見のある方があって、しっかり話ができるのであれば、それは相応の対価を支払ってもいいという感じがします。証券会社の営業くんでは、まさに「話にならない」状態でしたので。

東証二部のドリームベッドは厳しそうです。

売上高そのものが伸びていません。かといって、その中で利益が大きく増大するような工夫なり仕組みがあるかというとそれも見えない。公開価格比で配当利回りが高かったりすれば、それはそれで評価できますが、そんなこともない。どうも見どころのない印象です。

なお、同じベッドでも一般用の家具店等で販売されているようなベッドと介護や医療用のベッドは市場も違いますし、ベッドそのものの価格、機能、販売方法等がまったく違い、別物と考えた方がいいと思います。明日、その介護・医療用ベッドの7813プラッツを「ショットガン戦法」で、私の分を200株売却、家族二人に100株ずつ買ってもらう形にして、名義数を増やし優待を確保する形にします。長期保有のつもりですが、この方が優待が増える分、わずかですが、有利ですので。

アイドマは需給的にはVCの1.5倍以上売りが控えていますが、トップラインの伸びが大きく、成長性が高いように見えます。事業内容も「今風」であり、初値水準によりますが、セカンダリーで攻めたくなるのはここでしょうね。

ということで、明日も在宅予定なので、状況を見つつ参戦を考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です