シン・エヴァンゲリオン劇場版

MOVIX京都で、ようやく見られました。

劇場版の三部作はテレビで見てはいましたが、私自身はエヴァの世界観をちゃんと把握できておりません。

それでも本作は楽しんで見ることができました。基本的に物語の方向性が、なにか外と対峙するというよりも内側へ、内側へ収斂されていくような方向で進んでいくのが興味深かったです。

で、下記のVOYAGERとか、吉田拓郎の「人生を語らず」とかをぶちこんできたりします。庵野秀明さん、多分、年齢が近いんだろうなと思って調べてみたら、同学年の年齢でした。

そこここに、ノスタルジックな雰囲気の風景描写なんかが挟み込まれます。なぜか私はクレヨンしんちゃんの名作「オトナ帝国の逆襲」をちょっと連想したりしました。

多くを語れるような知識も洞察力もございません。それでも、その映像の鮮烈さと、内向きに収斂していって完結する、ある潔さのような点で、楽しんで見ることができました。よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です