IPO抽選 死屍累々ですが、こんなのが当たっていました

IPOブックの抽選結果が続々と判明しています。ほとんどがはずれですが、先ほど確認したら下記のものが当選していました。

9258CS-C

これが大和で当選。大和の配分はわずか10万株程度。極めて薄いところを引いてきた当選ではあります。が、それが利益につながるかどうかはわかりません。
まあ、現状ではこれはもらっておく予定です。

みずほ当選のGreen Earth Instituteは考慮中。事業内容は、ミドリムシのユーグレナを連想させるところもあり、ちょっと取ってみたい気もしますが、この異常なIPOマーケットですので、損失も覚悟でというところです。

4419Finatextについてはやはり当選辞退でスルーにします。手続きをしていないと下記のようなメールが来ますね。まあ、忘れていることもあるので、これはサービスとしてはありがたいです。


当選しているのに辞退するのは、なにか「もったいない」感があったりしますが、当初から原則として当落判明後に購入の可否を判断することにしており、今年もすでに複数銘柄について当選辞退をしています。これで公開後に値上がりしたりすると感覚としては「悔しさ」が残ったりしますが、今回も自分の方針に従って黙々と対応します。

なお、SBIについては家族分口座のチャレンジポイントが下記のようになっていました。これではまだ最有力銘柄と取れないので、温存を指示しました。

私自身は今年、全ポイント投入で使い果たし、現在は2桁レベルです。この具体的銘柄は7月の7376BCで、利益は19.2万でした。

さて、今日はどうでしょうか。先物はちょっと安いので、また利益1,000万回復には至らないか・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です