3804(株)システム ディ 株主総会(説明会)で聞くこと

 

ジェイエスビーとシステムディは、決算期が同じで、本社も京都市内の中心部の近い場所にあり、株主総会の時期も近いです。同日になるとどちらか選択しないといけないですが、幸い、ここのところは同じ週ではありますが日は違うので、行こうと思えば両方とも出席は可能です。

で、システム ディの方ですが、こちらは業績は堅調に推移しています。あ、ジェイエスビーも堅調ですが。大きな比率ではないですが、売上は堅調に増加しており、利益は2020.10期に利益率が大きく改善しています。ここはいくつかの特定のソフトウェアで高いシェアをもっていますが、その提供をクラウド化し、サポートなどでのストック化の収益も増加してきています。

ここはジャズダック上場で、新市場はスタンダードになります。

感じとしてはクラウド化、ストック化の進展で一定の達成感があるような状況かと思いますが、ここからさらに一段収益を伸ばし成長を加速していくエンジンはどこなのかというあたりがポイントかと思います。ここのところの「堅調」な業績推移は、「物足りない」という評価もあてはまるところがあるかもしれません。

ここは株主総会後に説明会をしてくれます。オフィシャルな総会よりもIRセミナー的な説明会の方が質問等はしやすいですね。

短期的に成長、利益貢献が期待できる分野、中長期的なビジョンとして最も大事にしたいポイントというあたりでしょうか。短期的にはつい最近リリースもありましだか、やはり都道府県単位での学校へのソフト導入というあたりかなと思っていますが。反面、フィットネスクラブなどはなお厳しさが残っていそうです。

ここは筆頭株主は米国のファンドになっています。外国人株主との対話、その要望、印象なども聞いてみましょうか。

ここは創業者の堂山氏が昨年、亡くなられています。IRセミナーでお話を伺ったことがありますが、大変魅力的な方で精力的に話されていたのが印象に残っています。その時に一緒にこられていたのが現社長で、当時も今も、感想とか質問とかちょっとしたことをサイトから送ったりすると、すぐに直接返信してくれたりします。こうしたコミュニケーションはちょっと嬉しかったりもします。

株式の保有は500株ほどです。今の株価でもそれなりに含み益にはなつており、気楽に保有は継続したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です