湯の山温泉から多度大社、八風街道(3)

宿泊施設のGFC 湯の山スパシアへ向かいます。アクアイグニスから車で5分ぐらいでつきます。サイトはこちら

ここはGFCというリゾートクラブが保有している施設で、私自身が会員になっています。こうしたリゾートクラブとしては入会費なども相応にリーズナブルであり、白馬にログハウスがあってそこを利用させてもらうことが多くなりそうなので加入しました。入会金支払い以後は若干の年会費がかかるぐらいで、あとは施設を利用した時に利用代金がかかります。以前からは利用代金が値上げになっていますが、それでも通常の宿泊施設の料金と比較すれば安く泊まれます。

会員の私がいれば、家族、友人なども一緒にビジター会員として宿泊することができます。

その中でもこのGFC 湯の山スパシアは最も「豪華」な仕様となっています。

リビングはやたら広くて、ソファーに加えてオットマンつきのゆったりとした椅子もあり、大画面テレビもあります。もちろん、Wi-Fiもとんでいます。

でかいダブルベッド、天蓋つきです。いるか?。寝室にもでかいテレビあり。

天然温泉のお風呂にいつでも入れて、テレビもついています。お湯はちょっとぬるっとした感じがするものです。外には温泉ではないですが、ジャクジーがあり、夜間照明もあります。

これを一人でごろごろ使うというのは、まあ、オーバースペックです。これで、料金は素泊まり1万円程度です。複数利用なら、一人あたりの金額はもっと安くなります。まあ、贅沢系の施設ということになります。他の場所はもっとカジュアルで料金も安いです。

湯の山温泉そのものは御在所岳のふもとにある古くからの温泉地ですが、必ずしもにぎわっているわけではありません。先日もホラースポットのようになっていた廃ホテルが火事になったりしていました。この施設は温泉街からは少し離れた場所にあります。

このような部屋ですが、5室しかなく、なかなかいい時期には予約が取れません。そのため、日時を指定しての予約というよりも、宿泊可能な日があるかを聞いて、あればその中から行くことが可能な日を選択するような予約方法をとっています。今回で3回目か、4回目の利用です。

また、施設内にレストラン等はないため、近くのレストランなどを利用することになります。まあ、アクアイグニスなどもありますし、食事場所にそんなに困ることもないですが。

ということで、夕食は近くの自然薯のお店へ。以前に昼食で利用したことがあるところです。

茶茶というお店です。サイトはこちら。

この御膳にしました。これです。1980円。

どんぶりに入ったこのとろろの量が半端なく多いです・・。ごはんもおひつにいっぱい。残さずに頑張って食べたら、もうお腹も半端なくパンパンに・・。くるし~い・・状態に(^_^;。だったら残せよということですが・・。

この自然薯の天ぷらもよかった。右側はむかごです。

施設に戻ってまた温泉に・・・。結局、到着後と夜と朝と3回入りました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。