7794イーディーピー 有望感の評価に変化なし 8/12 15:00-決算待ち

IPOからPF組み入れにしたイーディーピーですが、ここのところは出来高も減少して、株価も1万円前後というところで落ち着いてきました。

公開価格は5,000円でしたので、ほぼ倍の株価を保っている形です。初値が高くてもその後なかなか値を保てないIPOも多い中で、よく値を保っているかと思います。

独自性、、成長性、収益性など、総合的な評価には特に変化がありません。通常、IPO銘柄は値上がりすれば利益確定で終了ですが、PF組み入れ銘柄という位置づけにしたため、含み益での保有継続もそんなに「苦しい」感じはありません。

丁寧に事業について説明してくれるIR対応も好印象で、とりあえず保有を継続しようと思っていますが、とりあえず目先の注目は8/12の四半期決算です。

まず、会社側の業績予想数字は為替110円で出されたものです。ここは外貨建ての取引が90%で、4-6月はこの前提よりもかなり円安にふれており、この分だけで10-15%程度は円換算の売上高増加が見込めるのではないかと思います。但し、円安メリットは公開前から言われていたことです。

また、現在の主力製品である宝飾用の種結晶のダイヤモンドは引き合いが非常に多く需給的には逼迫感がある状態で、工場の製造能力を増強しても、とりあえず作ればそれだけ売れていく状態で、価格決定力や業者選定などについては売り手市場が継続しています。

決算発表は15時以降ということですので、まずその数字を確認してみましょう。市場的にもここは注目されているポイントかと思います。

それなりの好決算は織り込み済みかと思いますが、ここの数字でその後の製造能力増強も含めておよその年間の業績予想ができそうです。会社側としていきなり上方修正があるかどうかわかりませんが、あってもなくても、およそのメドがたつように思います。

予想を上回るような好決算があれば8/12のPTSから反応があるでしょう。ただ、これはあてにはならず、週明けの株価がどうなるかを注目しておきたいと思います。

少し先を見通すと、年内に株式分割の発表があって、来年3月には株式分割かあるのではないか。これはできれば1:5ぐらいの大きめの比率で行ってほしいところです。

ここは個人投資家、株主として希望も伝えています。

そうなったところで、エスプールのように細かく売り上がり、買い下がりのような形へ移行できればというのが持っているイメージです。なお、ここは本社が大阪ですので、株主総会参加企業の一つにも加えたいと思っています。

決算内容を確認し、また不明点等はIRの方にも聞いてみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。