IPOブシロード 綱渡り、たまたまですがイメージどおりの売買

IPOブシロード 綱渡り、たまたまですがイメージどおりの売買

今日も細かく売買

昨日上場のブシロードですが、初値もセカンダリーも、公募割れはなかったものの、もうひとつ盛り上がりに欠ける展開でした。

が、発射台が低かった分、また、ドカドカとここから売ってくる展開も考えづらいこと、今日の寄り前は前日終値よりも高そうな気配だったことから、また売買に参戦。

買い気配から9:03寄り2,200円500株信用買→46秒で2,215円売。

楽天の一日信用の100万以上になりますので、売買手数料、金利はかかりません。

こちら参照。

+7,500円です。IPOの初値買いと同様に最初から+15円でのセット注文を出していました。

今、10時頃は2240円ぐらいになってますね。また少し上がありそうな感じはしますが、私はここで終了です。

昨日の売買(1)2225円100株売

昨日の売買ですが、日興の優遇当選でもらった分を2,225円で売っています。昨日の高値は2,226円なので、たまたまギリギリのところで売れています。

朝から仕事でザラ場の値動きを見られなかった時は、だいたい、公募価格より少し上で指値の売り注文を出していました。
公募割れの可能性が高いような場合は成行での売りを出していた時もあります。

そこそこの上昇が見込まれる銘柄の場合は、誤発注などで異常な初値がついた場合などのことを考えて、指値注文にしていました。
成行にしていると、可能性は低いですが、異常に安い初値がついた場合などもそれで約定してしまう場合も考えられますので。

今はだいたい、朝の気配を見ていられることが多いです。となると、多くの銘柄は短時間であれ、初値後にわずかでも上昇しますので、そこをとらえて、初値よりは多少は高いところで売れることを目指しています。
まあ、いつもそうはいかずに、これは初値より下で売るリスクもとっているということになりますが。

昨日の売買(2)2,204円500株買→2,219円売

これは今日の売買と同じです。

IPO銘柄について、初値買いから細かい値幅で利益を確定するスキャルピングは、勝てる確率は高いです。

ただ、初値からズルッと下落する銘柄もあります。その場合の判断が重要で、高い勝率と少ない損失で、全体として利益が残るような形をとりたいですね。

引き続き、あれこれ考えつつ、初値買いスキャルピングには取り組んでいきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です