IPO4599ステムリム 底抜け大惨事は免れる

IPO4599ステムリム 底抜け大惨事は免れる

どうなるかと注目のステムリムですが、売り気配から予想されていた買い支えの930円で、9:12にあっさりと初値。

その後は安値900円から切り替えして、初値超え、公募以下というようなところでもみ合っています。

まあ、これはセカンダリーのスキャルピングも入りにくい、読めない銘柄なのでスルーしておりますが、とりあえずは、初値から底抜けに下落していくような展開にならずによかったですね。

ここがひどいことになると、またIPOマーケットの雰囲気も悪くなりますので。

というか、極端に条件を切り下げていったあたりで、先に投資家には甚大な被害がない形でひどいことにしておいてくれただけ、投資する側にとっては、よかった、ましだったとも言えます。そういう意味では、主幹事日興の対応も、最悪ではなかったという評価はできるのかもしれません。

それから、9434のソフトバンクが一時1,500円を超えてきていました。これも「画期的」ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です