注目銘柄 6677エスケーエレクトロニクス 第三四半期決算

注目銘柄 6677エスケーエレクトロニクス 第三四半期決算

第三四半期決算

ここは9月決算ですので、今回が第三四半期ということになります。

ここに掲載されています。こちらに説明資料

決算短信コメントより

基本的には堅調な決算になっていると思われます。

決算短信より当方で要約。

・第4四半期のフラットパネルディスプレー業界は、パネルの供給過剰が続いたことによる在庫の調整局面を迎えている。

・米中通商問題における追加関税第4弾の発表により、第10世代以上液晶パネルの開発需要が一時的に減退することが予想。

・第4四半期は、上記見通しを受けて第3四半期までと比較し、第10世代以上用フォトマスクの売上高が減少し、プロダクトミックスも悪化することが懸念。

・大規模な設備投資計画を第4四半期に実行することにより、減価償却費が大幅に増加

・しかしながら、年間を通じたプロダクトミックスは改善。

・営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、前回予想を上回る見込み。

通期利益上方修正

プロダクトミックスの悪化というのは、儲かる製品とそうでもない製品の比率ということかと思います。それでも5月予想を上方修正して、純利益は前回予想から+15%です。まあ、第三四半期で利益は通期の9割ぐらいまではいっていて、最終の四半期が厳しくても、予想はやや上方修正で着地するという見通しなんでしょう。そう楽観的でも、悲観的でもない予想なのかなという印象です。

もうちょっと評価してあげても・・・

今回の予想での時価のPERは5倍前半です。一本足打法の危うさはあるものの、もうちょっと評価してあげてもいいのではないかなーと思いますが・・・。

当方、保有は100株だけ。買いコストは1,200円程度です。売り切ってしまうとそれで終わりなので放置です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です