渋滞回避、北陸周りで信州へ(3)

朝の五時頃に自宅を出て、京滋バイバスと名神の渋滞を回避でき、北陸道は交通量は多いものの、そもそも渋滞予測はなく、これまで渋滞に出会ったことはない道のため、上越まではまったく渋滞なしで走ってこられました。

上信越道も、途中、まだ対面通行の区間が残っているものの渋滞はなし。

ということで、当初の目的地の小布施ハイウェイオアシスまで、目的どおり渋滞に出会うことなく走ってこられました。

今年は桜が遅くまで残っていて、散りかけてはいるものの、まだ花が残っている状態でした。

この日は上山田温泉に宿泊。

翌日はいい天気でまた小布施ハイウェイオアシスまで戻り、タラの芽やコシアブラ、コゴミなどの山菜を購入。

これはピンクレディという品種のりんごジュース。ちょっと酸っぱめでスッキリした味。他ではあまり売っていません。

 

ということで、今度は逆コースをたどって、北陸道を戻ります。

時間が遅くなると名神での渋滞につかまりそうだったので、食事休憩などはなしで走りました。

 

 

これは呉羽パーキングエリアからの風景。まだ雪の残る立山連峰を一気に見渡すことができました。

上の写真、道路の照明の奥が剱岳で、その右側が立山の雄山になるかと思います。

下の写真、正面が弥陀ヶ原で去年の今頃泊まったところです。奥が雄山方面かと思います。

帰路も、渋滞につかまることなく走り切ることができました。とりあえずよかった。

信州へは、また5/10-12に行く予定です。

今回、写真はすべてスマホのGalaxy8によるものです。メモ程度ならこれで十分です。

おわり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です