果つる底なき

果つる底なき (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社

図書館本。

池井戸潤の江戸川乱歩賞受賞作。

例によって銀行が舞台ですが、立て続けに人が亡くなります。

その裏の潜む不正、さて、その真実とは・・・、というお話ですが。

いつもそうですが、読みやすいですね。どんどん読めてしまいます。

が、これはなんだが土曜ワイド劇場みたいな感じ。最後にだーっと刑事さんの「解説」が入るあたりとかも。 土曜ワイド劇場だと犯人が語るところね。

で、なにかもうひとつスッキリ感というか納得感がないです、なんでかなー。

「砂の器」とか「0の焦点」なんかだと、「あー、重いもの背負ってずっと頑張ってきましたね。」的な犯人への共感じゃないけど、そりゃ大変やった感みたいなのはあるのだけど、これはそういうものはないです。

池井戸さんのは、テンポはいいんだけど、なんでしょう、人物の描き込みみたいなのが薄い感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。