サムティ・レジデンシャル投資法人 いまだに発行価格以下ですが、これもあり

 

サムティ・レジデンシャル投資法人 いまだに発行価格以下ですが、これもあり

4年ほど前に上場になったREITのサムティレジデンシャルですが、分配金の通知が届いていました。

この銘柄、上場以来ずっと公開価格以下での価格推移が続いています。

ただ、下記のように、この銘柄の分配金利回りは6%を超えており、単に保有を継続しているだけで、この分配金の分、平均買いコストは下がっていくということになり、これを含めれば現在の価格でこの銘柄は含み益にはなっています。

19口保有したままなので、REITの個別銘柄としては保有数が多すぎるというところがあり、分配金利回りが高いのはスポンサーの信用度が比較的低い銘柄が多いという面など必ずしも喜んではいられませんが、REITというのはそもそも不動産投資であり、それぞれのREITで運用方針に基づいて分散投資がされているため、直接個別の不動産に物件に投資するようなリスクは低くなっています。

そういう意味では、分配金をもらうということは投資不動産からの収益を得ていくということであり、もちろん価格そのものが上昇してくれるにこしたことはないのですが、それがなくても、本来的な不動産投資としての収益を得ていくという形が取れればそれでいいとも言えます。

株のソフトバンクは・・・。これも個別銘柄としては保有株数が多すぎるのですが・・・。とりあえず、株主優待の設定がどうなるかなーと思って見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です