安曇野・白馬 新規開拓と再訪深耕 食べ物編(3)

安曇野・白馬 新規開拓と再訪深耕 食べ物編(3)

11日の土曜日は施設で朝食。このプレートは野菜が多めなのがいいです。

いつも泊まるのはGFC白馬 RIFRASIA(リフラシア)というところです。

gooのスタッフブログもあります。

あいていればログハウス一棟が借りられます。

ここは会員制の施設で、最初に入会費用などを支払っているので、借りるだけなら安いです。
食事は施設でとってもよいし、別のところで食べたり、持ち込んだりすることもできます。

白馬以外にも奥琵琶湖、越前、湯の山温泉に施設があり、白浜や皆生温泉のリゾートマンション(但し、両方とも古いけど)
も格安で借りられます。現在は淡路島に施設を新設中です。

夜は施設の近くのシェラリゾートというホテルでレストランのみ利用。

ホテルシェラリゾート白馬

コースで7,000円程度だからそんなに高くはないです。

ここは自家温泉があって、温泉のみの利用もできます。古民家を移築して温泉に使っており、なかなかよい感じです。
また、宿泊棟も独特の感じで、このあたりのリゾートホテルでは評価の高いところです。

コース料理がこれ。うん、まあ、普通においしいけど、特別にかわっていて面白いとか、すごくおいしいという感じでもないです。
なにかレストランの方で肉料理をグレードアップしてくれていました。

が、サービスにあれこれ細かな疑問点あり。

・注文していないワインをもってくる。隣のテーブルと間違えていました。

間違えてもってきた後、再度、注文の確認にきていました。
私のところだけではなく、向かいの席では誕生日?のケーキを違うテーブルに持っていっていった。

・パンが残り少ないか、お皿にないのに、おかわりを聞きに来ない。
最初はパンのかごをもってまわっていたのに、そのうちいなくなり、もう来ない。
ダイエット中でパンのおかわりは不要でしたからいいんですが、、食事の時間、タイミングはお客、テープルにより色々ですが、やはり均一のサービスが基本かと思います。

・コーヒー、紅茶の選択を聞くタイミングがテーブルによってばらばら。
私のところはデザートが来る前だったが、デザートが来てから聞きに来ているテーブルもあり。
本来、デザートとコーヒー、紅茶は希望すれば一緒に出してもらうことも可能になっていていいのでは?。

・コーヒー、紅茶にミルクがない。紅茶はレモンもなくストレートティのみ。
聞いてくれて確認した上でこうならいいのですが、単にコーヒーか紅茶か聞くのみで、ミルクやレモンの要、不要は確認がない。
私も奥さんも、そのままで何も入れないので、結果的には困ることはなかったですが。

と、全体としては高級感があり、清潔感のあるホテルだけに、やや残念な感じもありました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です