2471エスプール 801円 100株 買 屋内型農園

直近、847円100株売を買い戻して、保有株数を1,300株に戻しました。

ここは最近のトピックスとしては屋内型の障がい者就労支援の農園の開設ということがあります。
以前から計画があることについてはアナウンスがされていたものですが。

こちらです。

関連のレポートがこちらにあります。

今までの屋外型のハウス農園と比較して小規模で設営、設定することができる屋内型の施設は小回りが効きますし、機動的な事業展開には有効でしょう。

この障がい者就労支援の事業は依然として優位性が高いと考えています。形としては別に難しいことでもないのですが、実際の運営となると様々なノウハウが必要であり、人的資源も重要となります。顧客企業との信頼関係の構築も重要です。そうしたものは、ハードができたからといってすぐに真似できるものではありません。

先日、IRセミナーで話を聞いた企業のひとつに6567(株)SERIOホールディングスがあります。
株価はこちら。

ここは保育園とか放課後事業、就労支援などに取り組んでいます。前者の2つは公的な性格が強いもので、自治体からの補助金などが収入のほとんどを占めます。これは安定しているとも言えますが、こうした制度等の改変の影響をよくも悪くも受けやすいものです。で、全体として利益率が低く、社会的な事業の意味は大きく評価されてしかるべきでしょうが、投資対象としてはどうも意識しにくいのです。

エスプールの就労支援事業は、背景としは障害者の就労についての法的な枠組みということがありますが、直接的には契約するのは企業であり、こうした補助金等とはあまり関係がありません。法的な規定を背景にしてはいますが、独自に事業を展開していける強みがあり、利益率も高くなる可能性があります。

他のセグメントについての理解は私は十分ではないですが、このセグメントについては順調に拡大が続き、さらに利益に貢献してくると考えています。

逆にあまり展開を急がず、コンプライアンスや人権上の問題等に十二分に留意し、スタッフの育成等にも注力してほしいと思います。

投資的にはここは既に保有株は「ただ株」になっています。保有株数☓時価+35万程度がこの銘柄の確定+含み利益ということになります。株価としては、成長株として評価されPERも高いので、なにかあれば大きく下落する可能性もありますし、短期的にここから買っていいかはよくわかりません。

なお、先日のIRセミナーで話を聞いた4709インフォメーション・ディベロプメントは障害者雇用促進のために「愛ファクトリー」という特例子会社を自社で持っています。ここも事業内容は農園ということらしく、農作物は近隣の店舗、レストラン等へ販売しているということでした。
セミナー後に社長さんとちょっとお話したのですが、その時にエスプールのこともからるてこの特例子会社について聞いたのですが、エスプールのことはご存知で、エスプールに依頼するようなことも考えたが・・・、というようなことを言われていました。

↓インフォメーション・ディベロプメントのマスコットキャラクターのシール。なぜマナちゃん?(^_^;)。

企業の社会的責任が問われる時代背景も後押しして、障がい者就労支援の事業は、さらに重要性を増し、認知度も高まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です