長期のみの優待に今から対応する? 例えば3180ビューティガレージ

長期のみの優待に今から対応する? 例えば3180ビューティガレージ

最近は株主優待も長期保有のみといった限定がつく例が増えてきている印象があります。
これは「印象」だけで、実際にどうか数値のデータで見たわけではないですが。

4月優待だと3180ビューティガレージもその一つです。

優待内容は以下です。

「100株以上を4月および10月の株主名簿に連続3回以上同一株主番号で記載された株主様。

イタリア発 ナチュラルヘアケア「back.bar(バックバー)」
1年以上継続保有*
100株以上 ノンシリコンシャンプー/トリートメント 5種6本セット(4,000円相当)
①レッドオレンジシャンプー 250ml(カラーケア)×1本
②パールシャンプー 250ml(ダメージケア)×1本
③アプリコットシャンプー 250ml(モイスチャーケア)×1本
④エクストリームコンディショナー 250ml×2本
⑤クリームプラスマスク 250ml×1本」

長期のみの優待ということもあってか、この最終盤でもカブコムの一般信用売残があります。
現物系でそんなに人気がないということもあるかもしれません。

この直前だと100株クロスのコストは、手数料無料の証券会社も利用すれば50円以下でいけるでしょう。

さて、これを10月、そして来年の4月と繰り返せば、形としては優待の権利が得られる可能性が高そうです。

3回直前のクロスができればコストは150円程度、今の株価は1600円程度で100株優待ですから、負担感も少ないです。

上記の優待内容が具体的にどうなのかはよくわかりませんが、コスト的には十分納得ですから、試す価値はありそうです。

別にこれはこの銘柄に限ったことではなく、他の長期限定銘柄、あるいは長期割増銘柄についても同様ですが。

この方法のリスクは、

・なんらかの理由で、半期クロスの継続だけでは株主番号が連続しない可能性がある。
臨時的に株主総会が実施されたような場合は該当する可能性があるかもしれません。

・優待内容が変更、廃止となる。

・半期ごとのクロスを忘れて長期認定されない

・売買手数料、金利コスト等の変更

などでしょうか。ん、なにか間違えてる?。

それにしても、損失はわずかなものですから、試しに取り組んでみるのはいかもしれません。

これまでは私自身はクロスでの長期優待対応はしてきていないので、新しい試みということになります。

この方法は、長期のみということで優待取得参加者が減って、むしろ低コストで優良な優待が取りやすくなるという可能性もありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です