鳳凰堂の藤(1)

今日は平等院鳳凰堂へ久しぶりに行ってきました。今はちょうど藤棚の藤の花がきれいな時期です。こちら。

以前には「阿彌陀佛」の御朱印をいただきました。今はこの「鳳凰堂」のみになっています。その場でザラサラッと書いていただきました。朱印部の左右は鳳凰です。

南門から入ります。

ということで、この門そのものが由緒あるものだそうで。材質が樫の木であることなど知りませんでした。

この時期は新緑の青もみじが美しいです。

紅葉の時期もきれいだと思いますが、生命の息吹きを感じられる新緑の時期は気持ちいいですね。今日はもうかなり暑かったですが。

藤棚のところにやってきました。全体はこんな感じです。ほぼ肉眼の印象どおりの写真。周囲を回って歩けるようになっています。中(下)には入れません。

右の方に人がかまったいるのは、ちょうどその場所からだと、藤の花のバックに鳳凰堂が入るアングルになるからで、皆さん写真をとられています。

つづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です