昨日の宇治陵、今日の鷺

梅雨の晴れ間、昨日、今日と好天が続いています。ただ、ちょっと湿度が高めかな。

こちら、昨日の自宅近くの宇治陵です。奈良でこんな感じの場所だとだいたい古墳ですね。京都はこんな感じで残っているとこみろは少なくなっていると思います。

これは藤原氏一族が栄えた頃のものということですから、なにかがあったとしても「古墳」ではありません。時代が違います。また、多分、この場所になにかがあるというわけではなくて、宮内庁が「適当」に指定し、フェンス内は立入禁止で宮内庁管理となっているため、木々が勝手に伐採されたり住宅地になったりすることなく、雑木林的な場所として残っているということかと思います。

そもそも、家がある一帯は宇治市東部の丘陵地にあたり、このあたりは藤原氏の葬送の場所ではあったようです。そのため、天皇の外戚となる「政略」をとったため、藤原氏の娘らは皇族として位置づけられる人も出るようになり、その陵墓として明治時代にこのあたりの多くの場所を宮内庁が宇治陵として指定したということなのです。

今ではこうした場所は狸などの住処になり、うぐいすがよく鳴いている場所にもなっています。

こちら、本日。郵便局へオークション落札品の発送に行った帰り、自宅裏の川に鷺が来ていました。これはコサギかな。

コンデジだと少し離れた場所から、これぐらいまでなら追いかけられますが、スマホの撮影だと無理です。なのでちょっと出かける時はコンデジを持っていくようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です