IRセミナー 3804システム ディ おなじみ

今日のIRセミナーは、IPOの方をウォッチしていて欠席しました。6848東亜ディーケーケーの話はちょっと聞きたかったですが・・。

昨日のIRセミナーの一社が3804システム ディでした。ちょうど中間株主通信が郵送で届いていました。

ここは、すでに複数回IRセミナーで話も聞き、地元企業ということで株主総会にも複数回参加をしてあれこれ質問等もさせていただいているところです。

社長さんもこちらをおぼえてくれていて、セミナーの感想を会社サイトのIRのフォームから送っておいたりすると、すぐに社長自らお礼の返信をしてくれたりします。どこぞの堅苦しいIRの対応とはよい意味でかなり印象が違う会社です。

業績は堅調で、基本的に顧客のストック化による収益の安定化と、クラウドによるソフトウェアの提供による高効率化、高収益化が並行してすすみ。直近のところでは外部委託していたソフト作成と関わる仕事を社内ですすめるなことなどによるコスト削減も相応の効果が発現されているようです。

特にそんなに大きく心配するようなことはなく、ここからさらに着実に前進していく公算が高いように思えます。とりわけ小中高等学校等を対象とした公教育ソリューションのセグメントは直近で入札を取れた県も複数あるということで、伸びがかなり明確になっている感じです。

ただ、現在のセグメントの中での改善や拡大というだけでは、スピード感を持った成長という面では物足りなくなってくるところも出てきそうです。このあたのところもちょっと聞いてみましたが、考えておられることはあれこれあるようです。

まあ、ここは普通に保有は継続し、場合によっては買い増しも検討していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です