大山崎山荘美術館 マイ遺品展・みうらじゅん(2)

山崎駅から大山崎山荘美術館へ向かいます。踏切を渡り天王山方面への坂道をあがります。距離はそんなにないのですが、駅から美術館の敷地入り口までマイクロバスも出ています。

建物はこんな感じで、昔の高級別荘ですね。荒廃していた時期もあったようですが、アサヒビールの関係の方が資金を出し、現在は小さくてかっこいい美術館になっています。2階には喫茶室もあり、テラスから眼下の眺めは素晴らしいです。

敷地内には、この「みうらじゅん 飛び出し君」があちこちにありました。滋賀ではおなじみのキャラクターです。いや、「みうらじゅん」バージョンではないやつね。

それはいいのですが、展覧会最終日ということで、入場まで1時間弱ほど並んで待ちました。もともとキャパがそんなになく、しかもこのコロナ蔓延の状況下ですので、入館もそれなりに制限していたようです。

館内に入ると、わけのわからん雑多な収集品の数々が展示されていました。もう、腹痛いわ~・・・。一部だけ写真撮影可能のコーナーがありました。

それが下記。

いやー、これはなかなか楽しめましたね。ということで館外へ。

淀川を挟んで、向かい側は八幡市の男山です。石清水八幡宮があるところです。

今日はあの山のふもとを走っている京阪電車に乗って大阪のIRセミナーに行っておりました。

ということで、あと、ちょっと宝積寺の方にもちょっと行ってみてから帰路につきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。