羊と鋼の森

羊と鋼の森
クリエーター情報なし
文藝春秋

図書館本。

これはかなり待ちました。

何か賞をもらった本でしたか。

つまりは若いピアノ調律師の様々な思いや願いを描いた話ということなんでしょうけど、
うーん、読後感が微妙です。

小説というと、なにかこうストーリーが展開していくのが普通ですが、この小説は大きな出来事らしい出来事
というのは特におこりません。

ただ、若い調律師の心情が、同僚や顧客との関わりの中で様々に揺れ動き、それが語られているだけとえばそうです。

調律そのものについての細かな描写があるかといえばそうでもなし・・・・。

主人公の心の動きにももうひとつ共感しきれません。

短時間でさらっと読めてしまいました。これはこれで新しいスタイルなのかもしれないけれど、
なにか物足りなさやもったいなさを感じてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です