山本麺蔵 京都・岡崎界隈

今日はチケットが当選した京都国立近代美術館の展覧会へ行ってきました。
「世紀末Iウィーンのグラフイック」というなかなかしぶい展覧会でした。

で、その前に、岡崎のうどん屋さん、山本麺蔵へ久しぶりに行きました。

京都のうどん屋さんとしては屈指の人気店です。ミシュランガイドのビブグルマン(お値打ち店)にずっと載ってます。
以前は店の前は常時長蛇の列でしたが、今は整理券配布方式に変更になっていて、列は短くなっています。

今日は11時の開店時間ちょっと前に行きましたが、既に「打者一巡」で店内は満員、11時半の整理券をもらいました。

で、ロームシアターのところの蔦屋書店をぶらぶら。裏にはこんなでかいこけしがっ!。常設のものではなくて、しばらくの
期間のみ置かれているもののようです。

なんか、近づくと声がする。ちょっと怖い・・・。

あと、昔の市電が観光案内所の小屋みたいな感じで使われていました。

さて、うどん。こちら、ごぼ天うどん。カレー塩がついてます。天ぷら、結構ガッツリあります。

こちら鶏天うどん。

うどんは、そこそこしっかりしているのだけど、ツルツルでコシが強いというよりは、もっちり感がある感じです。
魚系の味が強いような出汁がいい味。甘すぎることもなく、最後には逆にちょっと酸っぱい感じが残るようなところもあります。

うどんも出汁も量がしっかりあって、あたたまります。

うん、やはりいいなー、山本麺蔵。但し、土日は混むけど。整理券もらって、動物園とか平安神宮でも行っておいて、それから
お店へ行くのがいいかもしれません。

なお、ここの隣には岡北という、これまたうどん屋さんがあります。まさに隣接しているのですが、同じうどん屋さんでも
キャラクターが全く違います。岡北もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です