3197すかいらーく 1,000株クロス 意識がフォーカスすると動いてしまう

3197すかいらーく 1,000株クロス 意識がフォーカスすると動いてしまう

ということで、日興で一般信用売、楽天で1日信用から現引きの形で1000株クロスです。

まあ、早いといえばやたら早いですが、どうもあちこちですでにクロスしたとかいう
情報を見たり、自分で、利回り的にはどれぐらいになるかと計算してみたりするような
ことをすると、意識がここにフォーカスしがちになって動いてしまいますね。

資金固定はややもったいないといえばそういうところもありますが、日興の場合は売建の
ポジジョンを持っているということになりますので、これはステージ判定の時にこの分は加算
されるということになります。

楽天の方はとりあえずは貸株にまわして保有するという形になります。
金利は0.1%にしかならないですが、まあ、放置しておくよりはいいです。ただ、これをすると
信用の担保にはならないので、信用のポジジョンは取りにくくはなりますが、そんなに支障はな
いでしょう。

結局、コストは、あれこれで5,000円台ということになるかと思います。

これで、目先の今月末までの課題は、

・大和の月末残高を3,000万にすること。
株式移管による預かり残高増が月末までにあるかを確認する。
ただ、4月末の時点でIPOの新規の発表がなければ、5月のIPO銘柄はないという可能性も高いです。
あっても、大和が幹事に入っていないと、ないのと同じになります。
となると、4月末に3000万を達成して5月にゴールド適用にする意味が実質的にはない(チャンス当
選回数を増加させても、その対象となる銘柄がない)ということになり、であれば、これは5月に
先送りする対応も考えられます。

・日興の信用残高でゴールドステージの足がかりを
上記の大和の残高との関係で、日興にどれだけ資金を回せるかが決まってきます。
それに応じて、月末時点での建玉残高をなるべく多めにつくっておくというのがいいかもしれません。

とりあえずこの2つがこなしておく課題です。

これは優待クロスと同様で、まあ、小手先の資金の動かし方ということなので、つまらんといえばつまらん。
しかし、IPO当選の確率を上昇させるという意味は確実にあります。それでなにがどれだけ取れるか
というのはわかりませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です