虹の女神

虹の女神

昨日ですか、北陸道で、空を横に広がる虹を見ました。環水平アークというらしいです。

思い出したのがこの映画。そういう虹が出てくるシーンがあるのです。

上野樹里と市原隼人。

岩井俊二が脚本で関わっている作品。

とても好きな作品です。久しぶりにまた見てみました。

まあ、なんか学生時代から就職してしばらくぐらいまでの時期の話で、ハッピーエンドではないんだけれど、妙に染みる物語です。

それは、やはり自分自身のその時代を思い出すからかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です