来週の方針 信用ポジジョン、PF売買、しょうがない銘柄群

来週の方針 信用ポジジョン、PF売買、しょうがない銘柄群

さてと、今週はに日本市場はお休み。

米国市場の銘柄はETFが少々ありますが、日常的な売買対象とはしておらず、
中国株についても原則として保有を継続するだけで売買対象とはしていないので、おやすみです。

ですので、7日からということになりますが、まずは日興の信用ポジジョンを整理しておかないといけません。
で、IPO優遇がゴールドのステージになっているかどうかの確認が必要です。

現金ポジジョンの回し方については、信用クロスの閑散期も考えつつ、どうまわすのが、ベストとまでいかなくてもよりベターなのか、年間を通してのイメージが持てているといいなと思います。それはできてないですね。

というのは、どうも優待クロスへの取り組み方が、相変わらず「行き当たりばったり」的であり、悪い意味で「いい加減」なままだからでしょう。というのは、意識の内面に、どうも「優待クロスは投資の本流じゃない」みたいなところがあるの
だと思います。

別に、何をどう中心的なこととして考えるか、本流として考えるかとかいうことはそれぞれの好き好きでいいのですが、優待クロスは方法にもよりますが、極めて低リスクの個人の資産活用の方法としては有益、有効なものです。だったらもうちょっと丁寧にしっかり取り組んだ方がよいです。

あと、ここからはIPOについてはしばらくお休みです。

となると、後はPFの売買ということになりますが、まあ、10連休リスクとかなんとさか言われていたようなことは個人的にはほとんど気になりません。単に見ている銘柄が安くなかったらちょっと買い、高くなったらちょっと売る、原則としてその形を繰り返すだけのことで、別にそれを変更する意味というのがないので続けていけばいいだけと考えているからです。

目先、直近で売買していた銘柄、具体的にはエスプール、システムディ、ジェイ・エス・ビー、リログループなどの値動きに注目していきます。

なお、現在、PFには、株式だけで60銘柄程度を組み入れています。個人でこれは多すぎると思われる方も多いと思いますが、多くの銘柄は日常的には放置しておくだけのことで、ヤフーファイナンスで2つのページに分けてこれらの値動きは日々見ていますが、別にそれは常態化していることなので、なんということもありません。

ただ、なんとなくPFにとどまってしまっている「しょうがない銘柄群」というのがあります。

具体的に列挙すると、

8848レオパレス21 200株
言わずと知れたも建築不正のレオパレスですが、まあ、かなり強烈なダメージのある悪材料なので、本来、細かい株数でも即刻売却が適当だったかと思いますが、どうも悪材料銘柄をそのまま保持してしまうような傾向があり、これらは結局、年末の損益調整の時に売却するような形になりがちです。そうではなくて、いらない、評価できないと思うのであれば即刻売却する方がよいのでしょう。
IPOの損切りはスキャルピングも含めて慣れましたが、どうもPF銘柄についてはここらが下手。

9405朝日放送グループ 400株
大阪の放送局です。とにかく、売上も業績も伸びません。ここからの成長というのが全然見えないです。まあ、配当とか優待はありますが、積極的に保有しようとする理由はないです。

4676フジ・メディア・ホールディングス 100株
ここは全国ですが、傾向としはては朝日放送と変わらない、かつての勢いがあるイメージはなく伸びがないです。
なんかここの優待手帳を毎年使っているので、それで保有を継続しているような銘柄。だったらクロスで優待だけ取って、クロス手数料で手帳を買えばよろしい。

9434ソフトバンク 2600株
ここも配当利回り銘柄状態ですが、基本的に保有を継続している株数が多すぎます。

挙げればもう少し出てくると思いますが、とりあえずこれらの銘柄群の処理を考えていかないといけません・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です