新サイト立ち上げ記念 株式投資で考えてきたこと(3)人の儲けがそんなに羨ましくなくなる

新サイト立ち上げ記念 株式投資で考えてきたこと(3)人の儲けがそんなに羨ましくなくなる

株式投資をはじめていつの頃からか、人の儲け話がそんなに羨ましくは感じないようになりました。

いや、人気IPO銘柄が当選して大きく儲かったとか、思い切って買った銘柄がドーンとストップ高だとか、ネット上であれこれのことを読むと「いいなー」とは思うのですが、それですごく羨ましく感じたり、自分はあかんなーと卑下したりというようなことを他人との比較で感じることは少なくなりました。

なんでかというと、人は人、自分は自分で、自分は人と同じようにできるはずはなく、自分ができるようにしかできない、自分がしたいようにしかできないからです。

これは人との比較だけでなく、株価の値動きについても同様。急伸していた株価がドーンと下落したりすることはよくあります。
そういう時に「あー、売っておけばよかったなー」、逆に底ばいしていた株価が急伸すると、「あー、買っておけばよかったなー」と「たら・れば」的に思うことは思いますが、では、実際に自分のスタンスでその売買ができたかといえば、まあ、まずできないし、その株価の変化の予想もすることはできない。
となれば、その「たら・れば」はまさに画餅、絵に描いた餅でしかないということになります。

まあ、こんなことは多くの人は理屈ではわかっています。それでも、すごく羨ましく感じたり、イライラしたりするということはあるものです。行動経済学的に言えば「人間というのはそういうもの」ということになるかと思います。

自分自身の場合をふりかえって、なぜ人の儲けがそんなに羨ましくはなくなったのかというと、それは下記の経験というのがかなり影響しているような気がします。

風だ!光だ!株式運用猛レース
http://melma.com/backnumber_2424/

上記は2010年末ぐらいまでの10年以上の期間、四半期を区切りとして、ネット上のお仲間と運用競争をした結果をメルマガにして配信していたものの記録です。
別にこれで勝ったから、なにか儲かるとかそういうものではなく、逆に自分らで賞品を出したりしていましたので、いわば「楽しみ」としてしていたものです。
個々人でそれぞれ資金力は違いますので、スタート時点のポートフォリオについて、IPOの売買等も含めての増減率で競うということをしていました。

で、これは毎週、人とパフォーマンスを競い、人の売買と自分の売買を見ることになります。と、まあ、売買対象としている銘柄が全然違う、信用取引で短期的に大きなポジジョンを取る方があったりして売買方法も全然違う、そういうことを毎週毎週確認することになり、人の儲かったこと、損したことも毎回確認することになります。と、あ、これは自分にはできないし、自分とは違うということも具体的に感覚としてわかるようになってきました。

つまり、人と競うことで人と違うことがわかったということになります。これはメンタル的な安定という意味では自分自身の運用経験の中では結構大きなことだったのかなぁという気もします。

メルマガレースの皆さん、今はどうされているのか・・・。またコメントでもいただけると嬉しいです。

つづく。

新サイト立ち上げ記念 株式投資で考えてきたこと(3)人の儲けがそんなに羨ましくなくなる” に対して2件のコメントがあります。

  1. 桃ひろ より:

    新サイト立ち上げおめでとうございます。
    ずっと見栄えが良くなりましたね。
    ワ-ドプレスで作成されたのでしょうか?
    ブログ収入あたりも小遣い程度は稼げそうですね

  2. 伏見の 光 より:

    wordpressですね。地元のITスクールで教えてもらっていますが、まだよくわからないことが多いです。まあ、今までの既成のブログのような制約はないですから、ここを充実させていけるよう考えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です