来週の方針 大和・日興のステージ対策 5月クロス決済 ポートフォリオ売買 マネックス

来週の方針 大和・日興のステージ対策 5月クロス決済 ポートフォリオ売買 マネックス

大和ステージ対策

今週の日本株PFは、本日は若干上昇したものの、月曜から木曜は下落で、1.3%程度の下落。反面、REITは堅調で年初来高値を更新しました。

さて、来週ですが、5月最終週となります。

まず、資金を大和と日興に移動して、それぞれ来月からのIPO優遇のステージを上げておかなければなりません。

大和については、まずは資産残高を3,000万以上にして、誤解から現在のステージがシルバーとなっている状況を改善し、まずはゴールドにしないといけません。一度、ゴールドの水準を達成すると、これは次のステージ判定月までは、資産残高が3,000万以下となっても維持されます。但し、見直し月に資産残高が少ないと、その時点で見直されることになります。
このため、すでに他の証券会社から若干の株式を移管しています。大和は貸株の制度がないため、貸株がある証券会社から大和へ移管すると、この貸株金利の分、不利です。このため、移管するのは貸株金利が高い銘柄は除外するとともに、大和は売買手数料が高いので売買対象となる可能性が高い銘柄は移管対象からはずしました。

この結果、現時点での大和主口座の預かり資産はぎりぎり3,000万というところになっています。これだと、少し株式が値下がりしたりすると、月末の時価評価での判定となりますので、3,000万を下回ってしまうことになりかねません。これを確実に回避するためには、月末のみでいいので、ある程度、余裕があるところまで現金を入金して着実にシルバーからゴールドへの回復をはかることにします。

日興ステージ対策

一方の日興です。こちらも誤解があって、すでにゴールドまでいっているはずが現状はまだシルバーのままです。まあ、5月はIPOがなかったので、別にステージは関係なかったですが。
こちらは信用の建玉残高が問題となります。31日の時点でのポジジョンが問題となりますので、この日にクロスでボジジョンを建てて、3日には解消するということにします。これは4,000万程度のポジションはできるのではないかと思います。

優待クロス決済

優待クロスの方は5月銘柄の決済をしておかないといけません。注意しなければいけないのは、すかいらーく、マクドナルドなど6月銘柄もすでにクロスのポジジョンをとっているものがあること。決済が必要な5月銘柄のみ、確実にきちんと対応しておかないといけません。
土日でここはあらためて確認をしておきましょう。

あと、6月優待について、再度、細かめに確認しておきましょう。すかいらーく、とマクドナルドが基本になりますが、それ以外も取れるところは取りたいです。

なお、5月末でSBI債が300万償還となりますので、この資金も加えて、どう資金を動かして生かすかを検討し実施するということになります。

ポートフォリオ・個別銘柄

ポートフォリオの方は、相変わらず細かい売買が多いですが、今週は6232自律制御システム研究所を売買対象として、わりとうまく値動きについていくことができました。ドローン関係の銘柄ですが、業績はようやく黒字化が見えてきたかというぐらいです。まあ、材料性は豊富ですが、個人的には苦手な「夢」系銘柄です、まあ、また下落するところがあったら拾うつまりでウォッチしておきたいと思います。
他ではエスケーエレクトロニクスなどに注目。あ、そうそう、週末にはレオパレス21を100株売りました。これもちょっと注目しておきましょう。

マネックス証券

マネックスからはオリエンテーションコミュニティの当選通知がありました。こちらの取り組みです。実際にあるのは6月ですが、来週には参加が確定するかもしれません。こうした機会に色々人とのつながりが広がればいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です