キター!ウエルシア優待+日興信用取引建玉+IPO大英産業小ネタ

キター!ウエルシア優待+日興信用取引建玉+IPO大英産業小ネタ

日本株ポートフォリオは-20万、REITは-2万で、株の方は5/1にIPO一発で利益が増大して以降での最低水準となっており、気分的にはあまりよくないです。

後場に8876リログループを2,945円で100株買いです。100株は上げ下げに合わせて細かく売買している分ということになり、直近だと5/8 2,960円買→5/28 2,982円売で、今日という形になります。明日、また上昇すれば売却、下落はしばらく放置という形になります。

キター!ウエルシア優待

本日届きました。100株+100株のクロスで、500円券6枚3,000円分が2セットです。ウエルシアも近くにはないので、この優待は売却の可能性が高いです。

この金券ショップでの買取価格は460円となっていました。6枚では2,760円となります。で、これ、去年も取得したのですが、オークションでの落札価格はなぜか額面以上の3,400円となっていました。ちょっと額面以上で落札される理由がよくわからないですが。なにかポイントがらみかな。金券系ではヤフオクのくじとかの割引は使えなくなっていたはずですが。まあ、これ、一度去年と同額の3,400円で出品してみてもいいですね。で、入札がなければ金券ショップという形でよいかな。→6000円分まとめて6400円で出品したら、即、入札がありました。

なお、取得コストですが、ここはカブドットコムでクロスしていました。410,227円-409,655円で572円です。まあ、これだと効率はそこそこということになります。

日興信用取引建玉 今度こそ、とりあえずゴールドへ

明日が月末ということになりますので、とりあえず日興の信用取引建玉金額をつくっておかないといけません。が、資金がそれなりにすでに分散してしまっているところもあり、あまり集中できておらず、ここからさらに若干の手元資金を入れても、新規では4,000万程度のポジジョンしかできないと思われます。

それでも3ヶ月通算では、さすがに今度はシルバーからゴールドへの昇格は可能でしょう。

再度書いておくと、日興のステージ判定は、各月ごとに信用取引建玉か資産残高か有利な方をとってくれると勝手に思って勘違いしていましたが、これは3ヶ月通算でどちらか有利な方ということで、毎月でいい方が判定されるわけではありません。(判定そのものは毎月ですが、それは信用3ヶ月通算か、資産3ヶ月通算かのどちらかで、3ヶ月で信用+信用+資産のような判定はされないということ)

私の場合、シルバーであれば資産残高でもいいですが、ゴールド、プラチナであれば信用建玉でいくしかありません。これは金利コストもかかり、ポジジョンが大きくなるとその負担もありますが、まあ、そこはしょうがないというか、そうしてもステージをあげておいて当選をめざそうという方法です。

証券会社の支店での「濃密」な取引等により、品薄IPOの裁量配分を取れるようなことがない多くの個人投資家の場合、IPOについてはネットでの当選確率、可能性をなるべく高くしようというのはやはり基本の戦略ではあると思います。ただ、そのためのコスト負担をどこまで許容するか、あるいはどこまでの手間をかけるかということは各自の判断ということになりましょう。なお、私自身、これで今後成果が実際に出るかどうかは事前にはわかりません。ただ、シルバーでも2銘柄の当選がありましたので、すでに成果は大きくあったとも言えます。

なお、信用取引建玉金額は、月末最終営業日の値洗い後の金額を基準とするため、今月ですと、5月31日(金)の場中迄に建玉を建て、当日中に決済せずにそのままポジションを持った場合、それが月末残高となり、ポジジョンを解消する場合は、最短で翌営業日(6月3日)ということになります。

IPO大英産業小ネタ

SBIで補欠となっていましたが、申込みの結果、無事(?)落選で、1ポイント追加です。よかった・・(のか?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です