資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資/石川臨太郎 (3)

資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資/石川臨太郎 (3)

「資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資」

読了しました。

石川氏の投資スタンス

石川氏の投資スタンスの基本は超長期のバリュー・逆張りかと思います。

そうは見えないかもしれませんが^^;、私自身もベースのところでは同じつもりでいます。

財務諸表を丁寧に読み込み、企業の持つ資産の中味やその価値について判断する、定量分析的手法については私は真似できていないですが。

安定した心理状態で投資に臨むこと

終章で、株式投資の中で得てきたものについて書かれています。メンタル面の重要性について繰り返しふれています。

自分自身のことをふりかえってみても、株式投資を始めてしばらくの頃と今ではメンタル面ではかなり大きな違いがあるように思います。

例えば、

・日々の株価の動きで本気でイライラしたり不快になったりしない

・人が儲けた話は他人事で、特に気になったり、本気で羨ましく思ったりすることはない

・良くも悪くも気持ちの振れ幅が小さくなった

・ベストのタイミングでの売買を繰り返すことなどできない

・損失が生じることは当たり前のこと

・株価が下がってもビビりすぎて固まってしまうのではなく、細かくじわじわとだが、買っていくタイミングだと考える

今はこんな感じですが、かつてはこの逆でした。

石川氏のスタンスや方法と私自身のそれは、細かい部分では異なるところはありますが、本質的、中心的なところは共通していると思います。

著者を超えていけるように、自分なりの形で、これからも楽しく投資をすすめていきたいものだと思います。

石川さん、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です