国民健康保険 限度額適用認定証 届く 自己負担限度額57,600円

国民健康保険 限度額適用認定証 届く 自己負担限度額57,600円

申請していたものですが、今年の新しいものが届きました。

フルタイムの仕事は退職し、現在はパートでの仕事もしていないため、我が家は「所得」が少ないです。
ストックは相応にあるけれど、キャッシュフロー的にはしょぼい状態です。

こうなると、基本的には税や健康保険の負担水準は低くなります。

所得区分は「旧ただし書き所得210万円以下」という水準になり、医療費は月の自己負担限度額が57,600円となります。

私の場合だと、腎臓結石に体外衝撃波破砕術の入院とか、冠動脈カテーテル手術の入院などの場合は、通常の3割負担だと軽くこの
限度額は超えますので、自己負担限度額の適用となります。

実際の負担は、加入している生保の医療特約部分はそのまま残しており、給付額は手術の場合は5万円程度の場合が多くて
そんなに高額ではないですが、実際に支払う医療費はそんなに多くはなりません。

限度額適用認定証は毎年申請しないと届かないです。
但し、毎年、申請についてのお知らが届きますし、方法は郵送で書類に記入して送るだけです。

これは忘れずに申請しておくようにしないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です