蕎麦屋 三条白川橋 桝富

今日は京都国立近代美術館へ行ってきましたが、その前に蕎麦屋へ。

私は知らなかった新しい店です。地下鉄の東山駅からすぐにところで、三条通から白川の川の方への路地を曲がってすぐのところです。

こんな感じで、狭い道に面しています。隣が自家製造の和菓子屋さん、で、反対の隣はお蕎麦屋さん。岡北と山本麺蔵ほど有名ではないと思いますが、隣同士で同じ食べ物屋さんです。

値段は、安くもないけど、そんなに高くもない、まあ普通かな。

11:30の開店直後だったので、一番奥の白川が見えるいい席に座れました。

平日は開店前から並んでいるようなことはないのかな、ここは。でも、11:30に行って、この奥の席に座るのがおすすめかと思います。

こんな小さい盆栽がおいてあったりします。

二色湯葉とざる蕎麦大盛り。

蕎麦は二八かな。しっかりした感じですが、適度にしまっており、のどごしはよいです。

蕎麦つゆは薄めですが、カツオ出汁の味がしっかり出ていておいしいです。この濃さが好みであれば、なかなかよいと思います。

個人的には細い十割蕎麦ともうちっょと濃いめの汁が好きですが、この席の雰囲気も含めて、なかなかよいです。

機会があればまた訪ねたいです。あ、隣の蕎麦屋さんもちょっと気になるけど・・・。

これ、店からちょっと北の白川。祇園の方に流れていきます。で、鴨川に注ぐんだったかな。違うかも。

写真に見えている小さい橋の説明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です