MAZDA3を買わない理由

MAZDA3を買わない理由

月曜にクーラー修理

カークーラー故障中のアクセラは月曜に修理に持っていって火曜に完成予定です。

さすがに日中35度近辺の気温の中、クーラーなしで走るのは、もう「危険」です。窓を全開にしていても、熱風地獄状態です。動いていて風が入ればまだ多少はましですが、信号待ちなどで停車すると、もう汗が吹き出してきます。「動くサウナ」とか気楽なことは言っていられません。マジで熱中症により具合が悪くなる可能性があります。

MAZDA3 試乗で「いいクルマ」感を確認

アクセラ後継のMAZDA3ですが、ちょっと前にセダンの1.8Dを試乗させてもらいました。以下にそのメモは書いています。

車として完成度が高く「いいクルマ」であることは確かです。

MAZDA3試乗 1.8Dのセダン(1)

MAZDA3試乗 1.8Dのセダン(2)

MAZDA3を買わない理由

今のアクセラは6年目になりますので、そろそろ新しいクルマに買い替えたいところです。2年以内には家計の状況が許せば、というか、別に客観的にはほぼ「許せる」状況ではあると思うのですが、家族の許可がでればということですが、新しい車にしたいと思っています。

ただ、MAZDA3については「いいクルマ」ではありますが、この車を購入することはありません。

その利用は

・MAZDA3の1.8Dは、現在のアクセラの2.2Dのエンジンと比較して相対的に非力感あり

それは排気量が違うので当然であり、別に1.8Dだからといって実用上は十分にパワフルではあるのですが、乗っている車よりも低パワーの車というのはやはり非力感を感じてしまいます。新エンジン搭載車も秋に出ます。これで劇的になにかかわるかというと、ディーゼルとは違い、吹き上がりが気持ちいいとかいうのはあるのかもしれませんが、パワー、トルクは2.2Dの方が大きいので、また非力感は感じるでしょう。

・MAZDA3とアクセラ、そんなにスタイリングに変化は感じない

基本的に「キープコンセプト」の魂動デザインということで共通性があるのはいいのですが、新規性はあまり感じられません。

・車内空間がほとんど同じ

後席の広さや頭上空間、荷室空間などは、MAZDA3とアクセラは、わずかに広くなっているところもあるようですが、ほとんど変わりません。

走りは洗練されてよりスムーズになっており、横長のディスプレイになったナビもかなりよくなっているとは思いますが、それだけではアクセラからMAZDA3に買い換える動機づけとしては弱いです。

ここはとりあえず次のCX-30に期待&注目です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

8月懸賞 終盤の状況

次の記事

ガリガリ君の秘密