IRセミナー 4464ソフト99 成長性見えず、出来高がしょぼすぎ

IRセミナー 4464ソフト99 成長性見えず、出来高がしょぼすぎ

昨日は3社のIRセミナーでした。

4464ソフト99
6083ERI
6237(株)イワキ 8095はイワキ(株)

投資判断的にはソフト99とERIは投資対象として意識できませんでした。

で、ソフト99です。カーワックスとかカーシャンプー。撥水剤などのソフト99ですね。馴染みはありますし、ブランドの認知度は高いでしょう。

成長性見えず

ここ数年、EPSは80円台前半から後半というあたりで、よく言えば「安定」、悪く言えば「成長性が乏しい」です。

会社側も当然相当の危機感は持っているようですが、今どき、カーワックスとかを使って毎週自宅前で洗車をしているような、車命!の若者とかは見かけません。
国内で、従来のカー用品市場がここから伸びる可能性というのは極めて低い。

で、ここのスポンジ(多孔性云々という)は半導体製造の洗浄ローラーに使われたりしています。
こういう産業用の他用途のところの販売や開発、こちらには相応の可能性はあるとは思いますが(医療用等を育成中とか)、それがあってなんとか現状維持という見方もできます。

全体としてカー用品中心の状況であることに変わりはなく、成長性についてはかなり疑問と言わざるを得ません。

株式の出来高が些少

ここは東証二部上場ですが、株式の出来高がごくわずかです。出来高、100株なんていう日があったりします。

指標的にはPER11倍の、配当利回りは2.5%と、中途半端です。株価はこちら。

まあ、個人が500株とか1000株とか成行で売るだけで、株価は数%とか下落したりしそうです。安心して投資できる状況とは言い難いです。

試しに1,000株売の注文を入れてみると、気配は50円ぐらい下がってました。

ここらも質問してみたのですが、事業内容についてのコメントと比較して、危機感的にはもうひとつの回答だと感じました。

優待を魅力あるものに

ここは自社製品の優待があるのですが、優待内容としてはそんなに魅力的なものでもありません。

別にここに限らず、自社商品系の優待はそんなに人気がない場合が多い印象があります。

自社製品なら宣伝のつもりでもっとまとめて1パックにした優待にする、最低単位100株ならはクオカード500円、500株だとカタログギフトなど、個人投資家をもっと引きつけられるような優待内容を工夫する、それだげでそれなりに出来高は増加するでしょう。

株主優待は株主公平の原則等からは疑問も大きいです。が、うまく活用すれば宣伝効果はかなり大きい場合があり、企業側も株主側もメリットがあることがありますから、既に設定しているからとそのまま継続するだけでなく、コストはかかっても戦略的な視点をもって活用するようにしてもらいたいところです。

出来高増加について、企業としてなにもできないのではなく、出来高増加につながるような施策としては、IRセミナーの継続的実施もですが、上記の株主優待の充実など可能なことはあるはずで、ここはさらなる工夫、努力が求められます。そうでないと、また出来高100株の日ができたりします・・・。

こんなのをいただきました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です