IRセミナー 6083ERIホールディングス コスト増で利益半減 新分野の収益化が見えづらい

IRセミナー 6083ERIホールディングス コスト増で利益半減 新分野の収益化が見えづらい

昨日のIRセミナーから

6083ERIホールディングス

建築物の建築確認、住宅性能評価等。7月、大幅減益予想で株価が大きく下落しています。

利益が従来予想から半減していますが、これはパソコン、回線、サーバー等への投資や、人材採用や育成と関わるもので、とりわけ後者については一過性のものではなく、中長期的な課題になる部分です。ここは当面は収益への圧迫要因であり続けると感じました。

ここはハウスメーカーも株主となっていますが、従来は官で担われる部分が多かった確認、検査事業を民間で全国展開して担っているということです。

ただ、戸建ての新築というのは戸数自体がジリ貧で減少していく状況で、これは今後もトレンド的には変わらないでしょう。

代替的な成長分野として省エネ検査(一定規模のものについては義務化決定で受注増加を期待)やインフラ施設の調査(トンネルとか橋とか)を挙げておられましたが、売上、利益とも、ここでどう伸びるのかがよくわからず・・・。

必要で重要な仕事かと思いますが、現段階で投資対象としての魅力は意識しずらかったです。

メモ帳をいただきました。中は方眼になっていて使いやすいものです。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です