IPO 4477BASE 残念なお知らせ

IPO 4477BASE 残念なお知らせ

さてと、IPOのBASEですが・・・。これ、仮条件を大きく切り下げてきましたね。

ここは大和とSBIの共同主幹事ですが、配分株数からすると、大和は600万株超なのに対して、SBIは120万株程度で、実質は大和主幹事的かと思われます。

株数が多く、VCの出口案件となれば、どうしても直近の公募割れIPO4448チャトワークを連想してしまいます。

こうした状況を受けての仮条件引き下げで、これはまあ実情に応じた対応で、そのまま強行して悲惨な状況になるよりはましかもしれません。

が、不人気の反映であり、当然、歓迎されるような事態ではないですね。

で、朝、支店営業くんから電話。

ネットでのブックは入れるが、当選しても購入するかどうかはわからず、支店でのブックは回避すると言っておきました。これは対応としてはChatworkと同様です。SBIについては最低数のブックで補欠の申し込みは1ポイントは捨てて回避ということになります。別にあえて火中の栗を拾う必要性を感じません。

初値買いスキャルピングであれば、普通に細かくは取れるかもしれませんが。

営業くんは、これは取れそうというのを断言していましたので、まあ、明らかに人気はないということでしょう。

これはチャットワークよりもさらに踏み込んだコメントのように感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です