10/7-9 秋の安曇野・白馬の旅(3)

10/7-9 秋の安曇野・白馬の旅(3)

木崎湖の南端部分から国道に戻り、白馬村方面へ向かいます。

まずはザ・ビッグ白馬店でお菓子やジュース、朝食用のサラダなどを購入。ここは白馬村最大のスーパーでイオン系です。株主優待カードの対象でもあります。

GFC リゾートクラブ

この日はできればシェラリゾートというホテルの日帰り温泉へ行きたかったのですが、15時までに入るのが最終で、この時間には間に合わなかったので、宿泊施設へ。

会員になっている宿泊施設ですが、ログハウスはとれず、本館の部屋に宿泊しました。ベッドが3つある大きい部屋に二人で宿泊。ログハウスは満員のようでしたが、本館は他に泊まっている方はなく、貸切状態でした。下の画像のような部屋です。全体的にはやや老朽化していますが普通に泊まるには必要十分です。

ここはGFCというリゾート会員の施設です。サイトはこちら。

費用は個人正会員の場合には、入会金が1,800,000円、年会費として20,000円が必要です。関西圏から近いところに複数の施設があり、現在新設中の施設もあります。リゾートクラブとしては極端に会費が高いということもなく、施設も一部を除いて、そんなに豪華なところはなく、全般にカジュアルな雰囲気です。

私自身の希望としては、できれば安曇野の山麓線周辺で、そんなに費用も高くなく比較的自由に利用できる施設があると一番よかったのですが、それは見つからず、結局ここにしました。が、白馬も、なかなかよいですね。ちょっと位置的に北の方すぎるというところはありますが、山や温泉はよいです。

ステーキ&ハンバーグ NIKU雅 NIKU-masa

夕食は白馬村のペンションや別荘地にあるステーキレストランへ。施設でも食事は出してくれるのですが、あちこちのレストランなどを新規開拓するようにしています。ここは春に一度行っているので再訪となります。

サイトはこちら。

頼んだのは赤身のステーキ400g。こんなに塊の肉を食べたのは久しぶり。が、赤身のため、翌日ももたれた感じはまったくなし。次女はハンバークを注文。これは両方とも十分に満足です。


建物はどでかい材木を使った本格的なログハウスです。

ここはいいですね。予約が必要ですので、混雑するようなシーズンの時は早めにおさえるのがいいかも。今はすいている時期なので、だいたいいつでもいけるのではないかと思います。

最近はオーストラリア、また東南アジア方面からのお客さんも多いそうです。

 

倉下の湯

風呂は倉下の湯へ。ここはしょっぱくて茶色に濁った独特の温泉です。他の白馬の温泉は白色透明のところが多いですが、ここだけ明らかに違いがあります。すいていてほぼ貸し切り状態でゆっくり入らせてもらいました。施設は古めですが、温泉の泉質としては私はとても好きです、ここは。

ということで、施設へ戻って、第一日目は終了です。二日目は天気が悪そうです・・・。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です