レパーサ 初の自宅での自己注射

レパーサ 初の自宅での自己注射

コレステロールを抑制するための注射のレパーサ、初回は病院で研修も含めて注射したのですが、今回からは自宅ですることになります。

保存は冷蔵庫で。注射の30分前には冷蔵庫から出して常温に戻します。右側のオレンジのキャップがある方が注射の針がある方で、反対側が注入時に押すボタンです。

アルコールで注射する部分を消毒します。部位は大腿部かお腹ですが、椅子に座り、膝を90度になるようにして、まっすぐに注射器を押し当てます。オレンジのカバーをはずすと針が見えてちょっと痛そうですが、押し当てた時は痛みはほとんどないです。

10秒程度押し当てるとカチッと音がします。これで注射は終了、針があたっていたところからわずかに出血が見られます。

で、注射後の注射器は医療廃棄物になりますので、この専用の廃棄容器に入れます。これは通院時に病院に持っていきます。

特に難しいことはないですが、高い薬でもあるので、確実に注射しないといけないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です