日本電産 自動車用のトラクションモーター 収益化は先だが極めて有望

日本電産のIRセミナーでは、分割問題ではなく、事業内容に関連する質問もしています^^;。

EVなどに用いられる自動車用のトラクションモーターは、今後の大きな伸びが期待される製品です。

最近のリリースがこれです。既に実際に中国の完成車にモーターが使われるようになってきています。

再来年ぐらいには収益に貢献してくるかと聞いてみましたが、もう少しかかるかもというコメントでした。

ただ、将来的には、かなり高い確率でここは大きな市場となり利益の源泉になるでしょう。

個人的には自動車はパソコンのようにコモディティ化されることはないと思っています。機能、デザイン等々、様々な要素があり、単純に部品を組み合わせれば、単に走るというだけならできても、それで魅力的な製品になるとは考えられません。

が、そのための基本的なキーデバイスとなるパーツについて、モジュール化したような製品を開発できれば、そこから大きな収益を挙げられる可能性は十分にあるでしょう。

日本電産は、単元未満株をちょっと保有しているだけですが、保有は継続していきます。ズドンと下落するようなところがあれば買い増しもいいかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です