急落! 本日の下落額は? 損してないし、利益が減っただけやし(^_^;)

昨年末からは-230万弱のマイナスに

海外市場の急落を受けて、今日は日本市場も厳しい下落でした。

新型肺炎云々はもう状況は伝えられているのに、なにか時間差攻撃のようにタイムラグがあってからこう急落するというのが解せません。やはり、欧米と距離的に近いアジアとでは受け止め方にも感覚的にかなり違いがある、あったということでしょうか。

で、本日の日本株PFの下落額は-123万でした。REITも-14万の下落です。日本株についてはほぼ指数並みの下落です。

日本株PFについては、先週末の時点で-121万でしたが、本日の下落でクイズダービー的に言えば「さらに倍」(←わかる?)状態の下落になりました。

日本株+REITPFの昨年末からの下落は概算で-228万です。これは昨年末からでいくと約5%の下落ということになります。

 

市場全体の下落の影響は避けられない 「合理化」で痛みを和らげる

バイ・アンド・ホールドではないにしろ、中長期でポートフォリオを維持する投資スタンスただと、こうした市場の急落で損失を被るということは避けられません。あわててジタバタ動くと、さらにひどいことになったりします。

こういう時は「損してないし、利益が減っただけやし(^_^;)」と強弁することにしています。これは「あのぶどうはすっぱい」とか「売ってないから損ではない」と同じでしょうか、違うでしょうか。合理化という点では似ています。これは痛みを和らげようとする発想です。

ただ、「あのぶどうはすっぱい」が本当かどうかはわからず、「売ってないから損ではない」というのは嘘であるのに対して「損してないし、利益が減っただけやし(^_^;)」は見方の視点の変更により事実でもあるとは言えます。

これはどこを基準点として損益を考えるかによって見え方とか判断は違ってくるということです。先週末のPFの時価評価額を基準とすればこれは明らかに損ですが、去年の今頃と比較すれば株価は全体としてはまだ高い位置にいますから。

消費意欲は減退・・

昔と比較すると、この程度の下落でのメンタル的ダメージというのはかなり少なくなりました。

ただ、ちょっと金額がはるもの(大型テレビや新しいミラーレス一眼など)に対する消費意欲、購入意欲というのは株価が下落すると明らかに減退します・・・。新車購入は言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です